児童精神科について

児童精神科専門外来について

 当院では、児童思春期の統合失調症、うつ病、躁うつ病、不登校(適応障害)、神経症性障害といった疾患に加え、虐待や虐めを基盤とする愛着障害、心的外傷後ストレス障害、また自閉スペクトラム症や注意欠如多動症やそれらを基盤とする反抗挑戦性障害、素行障害を呈する子ども達の診療を行なっております。
 外来は毎週土曜日、完全時間予約制です。原則として、未就学児、小・中・高等学校および総合支援学校に在籍する児童生徒の方が対象です。

児童精神科外来の受診をご希望の方は、予約が必要です。

 なお、成人の発達障害の方の受診は、一般外来での受診となります。
 行動障害が激しく、待ち時間が待てない方の受診はあらかじめご相談いただくと受診がスムーズです。

受診希望の方はこちら

児童思春期専門病棟について

 当院には、児童思春期専門病棟があります。
 20歳未満の方が対象となる病棟です。
 この病棟には、治療期間を考慮し、18歳までの方の入院をお受けしておりますが、18歳以上20歳未満の方も病状により入院ができる場合があります。
 入院をご希望の方は、ご相談ください。

病棟案内はこちら

所在地はこちら

詳しい交通案内はこちら