デイケア・ショートケア

デイケア棟外観
デイケア棟ホール

精神科の病気は長期の経過をたどる事が多く、退院後も継続的な治療が必要となることがあります。
家庭での暮らしも小さなことで不安定になったり、また意欲の無い生活態度になりがちです。
デイケア・ショートケアは退院後も昼間だけ病院で過ごし、日常生活に必要な各種のプログラムを経験して社会復帰への足慣らしをしてもらうものです。また同じ通院中の人たちと過ごすことによって、お互い励まし合い、また居場所としての機能も果たそうとするものです。

所在地はこちら

詳しい交通案内はこちら