事務部の紹介

入院医療費について

限度額適用認定証とは

医療機関の窓口でのお支払いが高額な負担になった場合は、あとから申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される【高額療養制度】があります。
しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは経済的に大きな負担となります。【限度額適用認定証】の交付を受け提示することで1ヶ月(1日から月末まで)のお支払いが自己負担限度額となります。
※ 自己負担限度額は受診者の年齢及び被保険者の所得区分によって異なります。

所在地はこちら

詳しい交通案内はこちら